VHSビデオレコーダーの買取事例

VHSビデオレコーダーの買取事例

本日も、遺品整理・生前整理ホームページをご覧いただき有難うございます。
年末も押し迫ってまいりましたが、如何お過ごしでしょうか?

今年も、科学技術の進歩が目覚ましく、沢山の新しい技術を盛り込んだ家電製品が登場致しました。
たとえば、テレビなんかは、もうハイビジョンではないみたいですね。これからは「4K」というみたいです。もうすでに「8K」もあるそうですね。

古い話になるのですが、音楽の分野でも、レコード→テープ→CD→MD→記憶端末と、誰がこの流れを予期していたのでしょう。

映像分野では、ビデオデッキから、DVDへ。そしてブルーレイ。今は動画として記録保存しているのが、主流です。

今回のご紹介は、時代に逆行している品物です。
VHS・DVD・HDDレコーダーです。
IMG_3439.JPG














かなり前の物と思いきや、意外と2010年製。やっぱりかなり前ですね。
これがなかなか、需要があるみたいです。

昔に録画したテレビ番組や、お子様を撮影したファミリービデオなど、ビデオデッキがないと見る事が出来ないビデオテープが、押し入れに沢山ある事例が多々あります。

こちらのレコーダーを使えば、DVDに録画したり、HDDに保存したりできます。数年・数十年日の目を見なかった動画が復活することができます。

このような、品物に対する御説明をさせて頂くと、
「やっぱり、持って行ってもらうのやめとくわ」
と、おっしゃるお客様もいらっしゃいます。
我々も、お客様で大事に使って頂くのが、一番良いと考えております。

このような情報は、スタッフ間や業者間のコミュニケーションから身につける事が出来ますが、お客様との会話から頂くのが一番大きいです。大変勉強になります。


2017.12.28
カテゴリ:スタッフブログ, メディア, 新着情報

アーカイブ

365日迅速に対応!!0120-926-449 営業受付時間 8:00~20:00年中無休 無料お見積り

クレジットカードご利用いただけます

人身・物損に対応 最高5,000万円まで

遺品整理 全国

プログレスの社会貢献・ボランティア活動実績

当事務所は遺品整理士の有資格者がいます

遺品整理士/スタッフ募集

プライバシーポリシー

プログレス不動産(宅建資格保有)

遺品整理プログレスは、地域のスポーツ環境に貢献するSHIGA UNITEDを応援しています

遺品整理プログレスは、B.LEAGUEアースフレンズ東京Z公式サポーターです。

このページの先頭へ