スタッフブログ

新着情報

いつも大変お世話になっております。
遺品整理プログレス京都支店でございます。

大変暑い日が続いておりますが、皆様体調管理の方はいかがですが?
弊社では、この時期に限りこのような対策をとっております。

予定の作業員数より当日は少し多めに人員を確保したり、御自宅の全撤去の依頼の場合、エアコンを最後に取り外す予定にし、お客様の待機場所にしてもらったりと様々な対応を考えております。
そこで今回お見積りについてお話したいと思います。


・無料の出張見積り

まず弊社では、出張のお見積りを無料で致します。
その際、どの様な経緯で、どのようにお考えを一緒になってご相談にお応え出来ればと思っております。

・料金プランについて
ホームページに記載しておりますが、基本的なお見積り方法と致しましては

?お部屋の間取り?作業時間、日数?作業員数

大きく分けましてこちらで検討させていただきます。

?買取について

お客様の料金面にすごく影響します。
弊社ではリサイクルを強化しておりますので、出来る限り買取させて頂きますが、特に骨董品や貴金属、ブランド品といった品を買取させて頂けるとなると
上記にあげております、施工費はかなり抑えれる計算となります。
もしくは、お客様のお手元に少し残ってくるようなケースもございます。
ですので、整理前には無かった品物を整理させて頂くにあたり、貴金属や骨董品などがございましたら、当日でも高価買取のご相談にのらせていただきます。

・見積後の追加料金に関して

買取でもお話いたしましたように、御依頼者でも存じ上げないような収納庫が、作業当日に見つかったというケースは少なく御座いません。
本当に御整理してわかるケースがあるので、無理な追加料金は一切いただいておりません
※当日でよろしければ一度ご相談下さい。

・見積り時間
遠方からお見えのお客様や、お仕事のお休みにご予約を頂いたお客様等よくある質問ですが
約1時間程は見て頂いております。
もちろんお部屋の規模や、二軒まとめてお見積りさせてもらう事もありますので、多少はお時間を見て頂ければ幸いです。
お伺いにあたっては、当日に到着一時間前には一度ご連絡致します。
交通状況なども含め、少し到着の時間幅を頂く事もございますが、できるだけお客様の日程に合わせるよう調整致しております。

大変大きく分けておりますが、お見積りについてはこのような内容になっております。
ぜひご参考にしていただけるとありがたく思います。
もしこのブログを拝見されたのなら、お客様にとっても日程や作業日などの予定がスムーズにいくのではないかと思いますので
遺品整理でお困り事がございましたら、ぜひ遺品整理プログレス京都支店まで御問合せ下さい。宜しくお願い致します。

2018.07.15
カテゴリ:新着情報, スタッフブログ
いつもお世話になっております。遺品整理プログレス京都支店です。

今年は早めの梅雨明けとなっているのでしょうか、ビックリするほど暑い日が続いています。
弊社をご利用のお客様、並びにスタッフも熱中症には十分気を付けております。

本日はスタッフが気になるニュースをご紹介したいと思います。


「インターネット書店課税」

・インターネットによる書籍販売が普及し、実店舗の経営が圧迫されているとして、経営者は「われわれは固定資産税を払っている。
区別を図ってほしい」などと主張。
著作物を定価販売する「再販制度」を維持するため、ネット販売の過度なポイント還元による実質的な値引きの規制も要請した。
2019年の消費税増税に際し、書籍・雑誌への軽減税率適用を求める声もあった。

確かに今はネット社会です。
本を探し回らなくても、スマホやPCで探し、購入すれば自宅まで届くようになってます。
本当に便利な世の中になったなと思います。

しかし、これだけ便利になってしまうと、本の本当の価値が見失われてしまうのではないかと思います。
かく言う我々もインターネットでホームページをご覧になって御問合せ頂くのがメインとなりますが、あくまで窓口はインターネット上です。
ご依頼を受けるのはクリック一つで、すぐに対応致しますが、作業に関しては手作業で行っております。
整理や分別、探し物に供養など、場所によっては2、3日作業する事もあります。

今回のこのニュースもそうですが、私個人的にはインターネットという便利なツールを使い、より良い選択をして頂ければと思います。
ネットというすごく便利な機能の価値を忘れてしまっているのではないかと思います。その価値のおかげで価値ある物や業者が見つかると思います。
私はどちらとも価値のある事だと思うので、どちらがどうといったことにならず、より良くなるためにお互いが歩み寄るべきだと思いました。

我々もネットオークション等の流通に助けられてはいますが、その便利さを世間で勘違いされているように思います。
何でも売れると思われがちです。
どのようにして販売までしているかを考えて頂ければと思います。インターネットはあくまで便利なツールという事を肝に銘じておきたいです。

2018.07.13
カテゴリ:スタッフブログ, 新着情報
いつもお世話になっております。遺品整理プログレス京都支店です。


西日本は大雨の影響で多大な被害を受けました。
京都では、その影響もありお問合せの中にはその被害を受けた後片付けの依頼が多数ございます。
その前には近畿の震災がありましたので尚の事です。
そこで、被害を抑えるため、ご家庭の荷物を最小限に抑え、生前の御整理も含め、まだ使えそうな家具や食器などの御整理の依頼が多く見られます。
ではそういった商品をリサイクル・リユースためにどのような対応をしているかを本日はお伝え致します。


中古品としての「古物」の買取です。
こちらはお客様にとっても、我々にとっても価値のある物が対象となっております。中にはプレミアの価値が付くものや、骨董品として価値のあるものもございます。

しかし中古品として買取できず、商品として価値が無い物もございますが、その際は「海外貿易品」として取り扱いさせて頂きます。
日本では需要が無いような物も、海外では大変喜ばれる物があります。
そのような品物を販売、寄付、支援など出来る限り努力しております。

ですが、先日西日本の大雨の被害で、このようなニュースを目にしました。


「ツイッターで各地の被害状況や支援情報を伝える投稿が数多く発信されて思わぬトラブル」

発端となったツイートを投稿したユーザーは、店に許可を取らないまま呼びかけを進めていたというのだ。
突然物資の受け入れ先とされたセブン店舗側は、予想外の事態に困惑。現地でちょっとした混乱を招くことになったのだ。
集まった物資は相当な量だったらしく、従業員は「本当に山のような状況でした」と説明。
事情を知らない自治体から「ゴミを店先に放置しないでください」との苦情が入る程だったという。
ただ、当日は拡散された情報を知っていたボランティアが店を訪れていた。従業員によれば、店に駆け付けたオーナーが場所を貸すことを了承し、ボランティアがトラックに物資を積み込んで回収していったという。

このように、少し内容は異なりますが海外貿易品の中にはゴミのような物も多く見られるそうです。
ボランティア活動や支援なども本当に考えて行動するようにしております。

ゴミの軽減や環境問題、弊社独自ですがお客様の御依頼で単なる回収や整理業務だけではございません。

京都で遺品整理をお考えのお客様、ぜひ遺品整理プログレス京都までご相談下さい。
お問合せお待ちしております。
2018.07.13
カテゴリ:スタッフブログ, 新着情報
いつもお世話になっております。遺品整理プログレス京都支店です。
今日は遺品の形見分けについてお話いたします。

大切な方がこの世を去られ残された品物を整理処分することは、ご遺族の方からすると故人の存在を自らの手で消してしまうような気がしてとても胸が痛みます。できればすべて残せると良いのですが、時が経つにつれて色や形が変わったり、使えなくなるものが多数です。

形見分けは日ごろ故人が愛用していたもの自分が受け取ることをいいます。それらを受け取ることで、故人の存在や思い出を風化させず記憶に長くとどめてくれる役割を果たします。

形見分けにはいくつか注意する点があります。主に下の4つです。
◆形見分けは四十九日の法要後に行う。
◆目上の方には形見分けは送らない。
◆形見分けはプレゼントではないので包装はしない。
◆渡すときは相手の気持ちを考えて形見分けをする。
などです。ほかにもいくつか気を付けることなどがありますが、今回は上記の4つに絞ってお話いたします。

◆形見分けは四十九日の法要後に行う。
五十日目を境に故人の魂があの世へと旅立たれます。旅立たれる際のお見送りと、残された人たちが故人を忘れないようにする目的を兼ねて四十九日が明けるまでは形見分けは行わないようにしましょう。

◆目上の方には形見分けは送らない。
形見分けを渡す相手は基本的に親族や友人などの親しい人たちになります。そのため目上の人に形見分けの品を渡すことは一般的に失礼とされています。相手が形見分けを希望した時以外は形見分けをするのは控えた方が良いでしょう。

◆形見分けはプレゼントではないので包装はしない。
形見を渡す際は包装する必要はありませんが、そのまま渡すのが気になる場合は半紙などの白い紙で包みます。遠方の方に贈る場合は簡単な包装のみで済ませます。お送りする時にはお手紙も添えましょう。

◆渡すときは相手の気持ちを考えて形見分けをする。
形見を受け取ってくださるお相手の方と故人の交友関係などに気を付けましょう。
形見を分ける理由は、故人と親しかった人たちにいつでも故人を思い出してもらえるようにするためです。あまり高価なものではなくお相手の方が喜んでくださるような形見をお送りしましょう。

以上、形見分けについて簡単にご紹介しました。すでにご存知の方も多いかもしれませんが、形見分けをする機会はそうそうないので、いざとなると思い出せないかもしれません。遺品整理をご依頼くださった際に、形見分けについてご不明な点がございましたら、弊社スタッフまでお尋ねください。
2018.07.11
カテゴリ:スタッフブログ, 新着情報
いつもお世話になっております。遺品整理プログレス京都支店です。
六月も終わりをむかえ、じめじめと暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
この時期は、まだ身体が暑さに慣れていないため、熱中症になる危険性が高いそうです。弊社では塩飴や水分補給を欠かさずとるよう対策をしております。
来月には京都の伝統でもあります、祇園祭りが行なわれます。祇園祭りの終わりが、本格的な夏の始まりとも言われておりますので、皆様も十分にお気をつけ下さい。


本日は弊社が行なっております作業の一部をご紹介致します。

「特殊清掃作業」です。
主に独居死、孤立死、孤独死などの変死体があった屋内外の汚染除去や血液除去、腐乱・腐敗した体液、肉片の除去、死臭や腐乱臭の消臭、感染症予防のための消毒、ハエやウジなどの不衛生害虫の害虫駆除、残置物処理、室内解体工事などの原状回復工事などの原状回復や現状復旧をトータルにサポートするサービスです。

弊社でも遺品整理に伴い、整理作業をさせていただくにあたり、お客様が立ち会えるような原状回復のためこのようなサービスを行なっております。
あくまで、整理作業がメインとなるので、同じ業者が独自のサービスを提案してくることもあると思いますが、建築の観点から見た場合に多少の問題があると指摘されるみたいです。
特にリフォームや解体には問題がみられるため、弊社では関連企業にお任せしております。業者の施工内容をよく理解し、色々と検討する必要があると思います。

その他お客様の色々な状況に応じ、様々なサービスを提供致しておりますので、まずはお問合せ下さい。


2018.06.30
カテゴリ:スタッフブログ, 新着情報

アーカイブ

365日迅速に対応!!0120-926-449 営業受付時間 8:00~20:00年中無休 無料お見積り

クレジットカードご利用いただけます

人身・物損に対応 最高5,000万円まで

遺品整理 全国

プログレスの社会貢献・ボランティア活動実績

当事務所は遺品整理士の有資格者がいます

遺品整理士/スタッフ募集

プライバシーポリシー

プログレス不動産(宅建資格保有)

空き家管理士協会

遺品整理プログレスは、地域のスポーツ環境に貢献するSHIGA UNITEDを応援しています

遺品整理プログレスは、B.LEAGUEアースフレンズ東京Z公式サポーターです。

このページの先頭へ