スタッフブログ

スタッフブログ

皆様、いつも弊社のブログをお読みいただきありがとうございます。遺品整理プログレス京都です。日ごろからたくさんのお問い合わせやご依頼をいただき誠にありがとうございます。


我々は、お客様からお問合せをいただき作業に参りますがお客様お立合いの中の作業になりますとその間、お客様の貴重なお時間を使って頂くことになります。
その間に弊社はどのような作業を行なうのかをお客様にご理解いただくために今回は、弊社の遺品整理の流れと時間配分を書かせていただきたいと思います。

まずご予約日当日、現地に到着後ご指定場所にトラックを停めた後近隣の方にご挨拶に参ります。そのあとお客様のご自宅等にお伺いし、お客様にご挨拶をしてから事前にお見積りをお取りさせていただいていた内容と詳細を当日のスタッフ全員がお客様と共に確認してから作業に移ります。まず最初に玄関の入り口付近の搬出経路となる場所から遺品整理作業を行ないます。そして、お客様の休息場所として、また遺品の確認作業をして頂く場所を確保するためにご自宅の間取りの中の一部屋を仕上げます。これらの作業はおおよそ朝の到着作業開始からお昼時迄に完了させます。お客様のご自宅の間取りや形状、立地条件にもよりますが当日お伺いするスタッフの人数によって補います。

お昼になると休憩をはさみ午前中に役割分担で作業していたスタッフが遺品整理場所の続きを行ないます。手の空いたスタッフが入れ替わり、技術を持った技能士が特殊作業となる箇所の作業を行ない、作業終盤になると水回り場所の遺品整理作業を行ないます。そして搬出物が完了したお部屋から仕上げていきます。最後にお客様に確認を要する遺品を判断していただき、お部屋の状況も確認していただきます。そしてご挨拶をさせていただき現場作業を終えます。

いかがでしたでしょうか。弊社に遺品整理をご依頼していただいた際このような流れで作業を進めさせていただきます。何かご質問などがございましたらいつでも弊社にお問合せ下さい。今後も遺品整理プログレス京都をよろしくお願いいたします。


2019.03.15
カテゴリ:スタッフブログ
皆様、いつも弊社のブログをお読みいただきありがとうございます。遺品整理プログレス京都です。日ごろからたくさんのお問い合わせやご依頼をいただき誠にありがとうございます。

3月に突入し、まだまだ寒い日は続きますがやっと春らしい気温に近づきつつありますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は、形見分けについてお話しさせていただきます。形見分けとは、故人様にとっての親しい方々に故人様との思い出を共有するとても大切な物です。しかし、その形見分けを贈るにもマナーがございます。その中でも今回は形見分けを贈る人について書かせていただきます。

形見分けは基本、故人様のご友人様や親族の方々、近親者様に遺品を分ける物です。目上の方には形見分けを行うと失礼にあたると言われており、形見分けをしないことがマナーでしたが、故人様のご希望であれば尊重してください。また、近頃では年齢や社会的地位に左右されなくなってきているため故人様と親しかった方であれば誰でも受け取ることができるという考えに変わってきました。しかし、まだまだ全員がそのような考えを持っているわけではありませんので相手の申し出があるときのみ目上の方にも遺品を分けることにした方が良いです。

また、交友関係が明確ではない方に贈ることや、受け取る側が拒否した場合は無理に押し付けることのないようにしましょう。
いかがでしたでしょうか。このブログが少しでもこれから形見分けを行う方のお役に立てれば幸いです。そして弊社は、そんな形見分けのお手伝いなども行なっております。わからないことやご質問がございましたらいつでも弊社にお問合せ下さい。今後も遺品整理プログレス京都をよろしくお願いいたします。
2019.03.12
カテゴリ:スタッフブログ
皆様、いつも弊社のブログをお読みいただきありがとうございます。遺品整理プログレス京都です。日ごろからたくさんのお問い合わせやご依頼をいただき誠にありがとうございます。

故人様が生前にご使用されてた物はどれも遺族様方にとっては大切な物で、処分することをためらう物ばかりだと思います。その中でもご遺族の方々が特に処分の困る遺品のいくつかを書かせていただきます。

?写真
お写真は故人様の生前のお姿が写っていたり故人様の思い出となる物が写っていたりするために遺族の方は処分するのをためらうケースが多いです。お客様の中でも、時間をかけて今後お写真をどうされるか判断される方が多いです。

?布団
お布団は直接肌に触れる物であるためご決断が早く、処分のご依頼をされるお客様が多いです。未使用品に関しましては、買取り査定を行っております。

?本や書類
本や書類は古本として価値のある商品は買取りしております。買取りが可能でないと弊社で判断いたしました場合は適切に溶解処理を行う業者に引き渡し、再資源化に努めております。

?コレクション類
コレクション類に関しましては、市場の状況により需要の有無のご判断をし、買取り査定をいたします。また、国内で売れない商品も海外では需要が高い場合もございます。

?衣類
メーカーや需要の高い製品、未開封やタグ付きなどは買取り商品として扱います。また、買取り可能ではない商品に関しましては本や書類同様、適切に溶解処理を行う業者に引き渡し、再資源化に努めております。

いかがでしたでしょうか。弊社はご遺族の方が処分にお困りになる遺品を適切に処分いたしますので、安心して弊社に遺品の処分をお任せください。この他にも処分に困っている物がございましたらいつでも弊社にfご相談ください。今後も遺品整理プログレス京都をよろしくお願いいたします。
2019.02.28
カテゴリ:スタッフブログ
皆様、いつも弊社のブログをお読みいただきありがとうございます。遺品整理プログレス京都です。日ごろからたくさんのお問い合わせやご依頼をいただき誠にありがとうございます。

今回は整理作業で使う道具についてご紹介します。
遺品整理の際、整理作業に使用する道具は大きく分けて4つです。

まず、たくさん使用するのがダンボールです。お客様の形見とされるお荷物やご供養品を入れるのに使用し、その場合は養生(赤)テープを使用して荷物詰め作業を行ないます。
また、買取り商品を入れる箱としても使用いたします。その場合は養生(茶)テープを使用して荷詰め作業を行ないダンボールごとに分別してマジックにて中身の詳細内容をお書きいたします。

次に透明袋も使用いたします。買取り商品として難しく一般ごみ、粗大ごみとなるご不用品を入れるのに使用いたします。また、リサイクル(再商品化)できる衣類等を入れるのにもしようします。

インパクトドライバーは、家具の解体や組み立て、エアコンの取り外し作業や倉庫解体、アンテナの取り外し作業に使用いたします。

最後に掃除道具一式です。手ぼうきやちりとり、掃除機等を使用して作業の一貫として各部屋ごとにきっちり掃除をいたします。

いかがでしょうか?上記が主に整理作業に使用する道具となります。道具のご紹介と一緒に整理作業の大まかな流れもご理解いただけたのではないでしょうか?
何かお困り事やご質問がございまいたらいつでも弊社にお問合せ下さい。今回も最後までお読みいただきありがとうございました。今後も遺品整理プログレス京都をよろしくお願いいたします。
2019.02.27
カテゴリ:スタッフブログ
皆様、いつも弊社のブログをお読みいただきありがとうございます。遺品整理プログレス京都です。日ごろからたくさんのお問い合わせやご依頼をいただき誠にありがとうございます。

我々、遺品整理プログレス京都のスタッフは日ごろからたくさんの方に遺品整理のお手伝いのご依頼をいただき様々な遺品を実際に手に取り整理をしてきました。そして毎回故人様にとって、また故人様のお身内の方や親しい方々にとって大切な物思い出深い物、故人様がこれまでの日常生活で当たり前に使用されていたものなどを見てきました。それは我々が一目みてそうだと分かる物であったり本人様方にしかわからない物であったりと様々ではありますが、だからこそ我々は遺品整理のご依頼をいただき実際手にする遺品の品々を決して粗末に扱うことはありません。
故人様がご使用になられていた物はどれも大切なお品物です。一つ一つ丁寧にお客様のご要望にそえるよう整理していきますので、安心して我々に作業をお任せください。また、お客様の許可を得ずに勝手に遺品を処分することなどもございません。今後もお客様に信頼していただけるように努めていきますのでこれからもどうか遺品整理プログレス京都をよろしくお願いいたします。

何かお困り事やご相談がございましたらいつでも弊社にお問い合わせください。皆様からのお問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
2019.02.14
カテゴリ:スタッフブログ

アーカイブ

365日迅速に対応!!0120-926-449 営業受付時間 8:00~20:00年中無休 無料お見積り

クレジットカードご利用いただけます。

人身・物損に対応 最高5,000万円まで

遺品整理 全国

プログレスの社会貢献・ボランティア活動実績

当事務所は遺品整理士の有資格者がいます

遺品整理士/スタッフ募集

プライバシーポリシー

プログレス不動産(宅建資格保有)

遺品整理プログレスは、地域のスポーツ環境に貢献するSHIGA UNITEDを応援しています

遺品整理プログレスは、B.LEAGUEアースフレンズ東京Z公式サポーターです。

このページの先頭へ